出会い系サイトのキャッシュバッカー(CB)に騙されるな!その手口と特徴・見分け方

出会い系サイトのキャッシュバッカー(CB)に騙されるな!その手口と特徴・見分け方

出会い系サイトにはポイントを稼ぐことを目的としたキャッシュバッカー(CB)が存在します。

女性は男性からのメッセージを受信や、投稿した写真を見られることでポイントがもらえます。キャッシュバッカーはその仕組みを悪用してお金を稼いでいます。

キャッシュバッカーとどんなにやり取りを重ねても出会うことは難しく、ポイントが無駄になってしまうだけです。ですが、手口や特徴を知って見分けることが出来れば恐れることはありません。

本記事では、キャッシュバッカーの手口・特徴を明らかにし、その見分け方や対策について解説していきます。

キャッシュバッカー(CB)とはなにか?

出会い系サイトでのキャッシュバッカーとは?

出会い系サイトには貯めたポイントを現金や商品券などの景品に交換できるという仕組みがあります。
男性ユーザーはメッセージを送るのにポイントが必要ですが、女性ユーザーは必要なく、そればかりかメッセージを受信することでポイントを貯められるという制度があるのです。

キャッシュバッカーはその仕組を悪用して、男性ユーザーからメッセージを受信し、ポイントを貯めることでお金を稼いでいる女性ユーザーになります。省略して『CB』と呼ばれることもあり、悪徳業者や厳密にはサクラとも異なりますが、男性ユーザーからするとどれも迷惑な悪質ユーザーでしかないです。

キャッシュバッカーは一般の女性が、ポイントを現金化または、景品に交換することを目的としているため、基本的には出会うことは考えていません。出会うことが不可能ということはないですが、可能性は限りなく0に近いため、やり取りを重ねるだけポイントが無駄になるため控えたほうが良いです。

サクラとの違い

簡単に言うとキャッシュバッカーはアマチュアサクラはプロということです。

キャッシュバッカーは学生や主婦などの素人が、出会い系を使ってお小遣い稼ぎをしたいと考えている人が行っています。ちなみに出会い系を利用している女性は、メッセージを受信することでポイントをもらうことができるため、全ての女性がキャッシュバッカーと言っても過言ではありません。

それに対してサクラは出会い系サイトに雇われて、男性会員にポイントを消費させることでお金をもらっています。仕事としてサクラ行為を行っており、男性会員に巧みなメール術で出会いを匂わせながらメールのやり取りを続けさせ、実際に会う話になると途端に連絡が取れなくなります。

サクラの手口や特徴・見分け方に関しては、こちらで解説していますので参考にしてみて下さい。
》出会い系サイトのサクラを見分けろ!サクラの手口・特徴とは?

どうして出会い系にはキャッシュバッカーが存在するのか?

簡単にお小遣い稼ぎができる

キャッシュバッカーはメールを送るといったような簡単な作業でお金を稼げるため、出会い系サイトには数多く存在しています。

メールを送るだけでお小遣い稼ぎができるため、主婦が家にいながらや、学生やOLが電車などでの移動中や休み時間などのちょっとしたすきま時間を使ってお金を稼いでいます。出会い系サイトに登録するだけで気軽に始めることができ、好きな時間に好きなだけメールをすればいいのでキャッシュバッカーとなる女性が後を絶ちません。

ネット上には「お小遣いサイト」といったものも存在しますが、1日数円程度しか稼げません。しかし出会い系サイトではその何十倍もの報酬を得ることができるのです!

各サイトによって報酬額は異なりますが、メール1通で2〜5円の報酬を得ることが出来ます。

例えば1通5円の場合、日に10通メッセージをすると50円になり、30日それを続けるだけで月1,500円の稼ぎになります。中には日に100通以上メッセージをして10,000円以上も稼いでいるユーザーもいるようです。

女性ユーザーに継続して利用してもらうため

キャッシュバッカーはサクラと同様で、多くの女性会員に長く出会い系サイトを使ってもらうために設けられた仕組みです。

やはり出会い系では女性が少ないということが常に問題になっており、女性を留めるために出会い系の運営会社はキャッシュバッカーを黙認しているといった状況が生まれています。

そもそも出会い系サイトは男性会員にメッセージをしてもらうことで運営を行っています。サイトに女性会員がいなければ男性はメッセージをしませんし、その状況が続けば男性会員も登録している意味が無くなり、退会してしまうでしょう。

それを防ぐために、出会い系サイトはキャッシュバッカーを使って女性会員をサイトに留めているため、今後キャッシュバッカーが消える可能性は限りなく低いです。だからこそ男性会員はキャッシュバッカーに対して無駄にポイントを使わないように対策方法を考えなければならないのです。

キャッシュバッカー(CB)の特徴

プロフの完成度が高い・顔が可愛いすぎる(美人すぎる)

キャッシュバッカーはメッセージが出来れば誰でも良いので、多くの男性の目を引くような工夫が色々とされています。

わかりやすい例で説明すると、プロフィールの顔写真が可愛すぎる、もしくは美人すぎる女性の写真を使っていたりします。魅力的な写真の女性からメッセージが来ると、怪しいと思っていながらも、ついつい返信してしまうのが男性です。そこをうまく利用してキャッシュバッカー達は稼いでいるわけです。他にもセクシー過ぎる写真やエッチなことを妄想させるような写真を使っている場合もあります。

またプロフィール文にも工夫がされています。

出会い系サイトを利用している男性はやはり首都圏に住んでいるユーザーが多く、大体の男性が近場で会いたいと思っています。そのためキャッシュバッカーの登録地域も首都圏に多く、主に東京・神奈川・埼玉・千葉といった関東近辺の場合が多いです。多くの登録者がいるほうが返信の数が多いため、報酬も期待できるわけです。

他にも自己紹介文にかなりの長文を書いていたり、こちらでもエッチなことを妄想させるようなことを書いていたりします。

  • 「セフレを募集しています」

  • 「結婚しているのですが、不倫相手を探していて」

  • 「SMに興味があります。縛られたり目隠しされてみたいです。」

なんて書いている女性がいたら、キャッシュバッカーかサクラの可能性がかなり高いので注意が必要です。

ログインの周期が短い

キャッシュバッカーはログインの周期が短いです。
普通のユーザーは仕事や学校などがあるため、昼間っからずっと出会い系サイトにログインしているということは少ないと思います。一方で、キャッシュバッカーは来たメッセージに返事をしなければいけないため、常にログインしています。出会い系サイトの中には、メッセージの受信から一定時間内に返信しなければ報酬を得られないサイトもあるためです

キャッシュバッカーとして稼いでいる女性は、人によりますが一度に何十人からすごい人だと何百人という男性会員とメッセージをしているため、極端にログイン時間が短くなるのです。

パソコンで出会い系サイトを利用している

キャッシュバッカーはパソコンで出会い系サイトを利用している場合が多いです。サイトによりますが、「プロフィール」の「使用端末」などから確認することが出来ます。

もちろんパソコンでサイトを利用しているユーザーもいるので一概には言えませんが、スマホでも字を打つよりもパソコンで文字を打ったほうが早いため、効率をアップするためにキャッシュバッカーはパソコンで出会い系を使っています

怪しいなと思った場合は使用端末を確認してみるのも1つの手です。

キャッシュバッカー(CB)の手口

一言メッセージなど短い文章で返信してくる

キャッシュバッカーからのメールは、1行やひどい時には1言での返事が多いです。

キャッシュバッカーからすると別に男性会員と仲良くなる必要はなく、メールだけできていればいいので、メッセージの内容はなんでも良いのです。とりあえずメールの数を送るということが彼女らのミッションのため、短いメールを多用してきます。

短いメールの例としては、

  • 「おはよう〜」

  • 「こんばんはー!」

  • 「おつかれさま。」

などが挙げられます。
これだけの内容で返信してくるため、男性も必死に会話を続けようと新しい話題を振りますが、それでも同じような短いメッセージを送ってきて、会話にならないこともしばしばあります。

他にも「今忙しいので、後で返事しますね♪」など、無駄にメッセージを伸ばしてくるというようなこともしてきます。

男性に魅力的な内容のメッセージ

キャッシュバッカーはあらゆる手口を使って男性会員を誘惑してきます
アダルトな内容やすぐに出会えるような雰囲気を出してきたり、その手口は様々確認されています。

男性はどんな内容であれ、『会いたい』となってしまうと、どうしてもその女性と連絡を取り続けたくなってしまうものです。
そこを利用して稼いでいるのがキャッシュバッカーで、彼女らはそういった内容のメッセージで男性が一度自分に食いついてくれればいいのです。後はのんびりと適当なメッセージを続けるだけで報酬が入ってくるので。

また男性会員の多くが、「不倫相手や愛人が出来たらいいな」や「セフレが欲しい」など下心を持って出会い系サイトを利用していると思います。
キャッシュバッカーはそこを透かさず狙ってきます!

わざとらしくエッチな言葉を多用してきたり、不倫相手を探しているのようなことをほのめかしてきます。中にはSMのパートナーを募集しているなど過激なものまであったりするくらいです。

援交、パパ活などの言葉があるように、女性にお金を払ってでも、会いたい・エッチがしたいという人もいると思います。(パパ活はエッチ目的ではないかもしれませんが。)そういった男性に対しては、援助交際をしている女性を装ったりと、男性のタイプに合わせてキャッシュバッカーはメッセージの内容を変えているものです。

プロフィール内容が頻繁に変わる

先ほど解説したように、キャッシュバッカーは男性のタイプに合わせてメッセージの内容から、それに合わせてプロフィールも変えています
男性も自分好みの女性でなければ返信しないでしょうし、ずっと同じプロフィールでは興味を持ってくれる男性も限られてしまうためです。

プロフィールのどこが変わるかというと、多岐にわたるため、『ここが変わる!』みたいなものはないのですが、例としては

  • 名前(ニックネーム)

  • 年齢

  • 地域(住まいや詳細エリア)

  • プロフィールのメッセージ

が挙げられます。
正直、ニックネームやプロフィールのメッセージが変わったところであまり覚えていられないと思いますので、注目すべきは「年齢」と「地域」です。

出会い系では好みの年齢や、自分と近い距離に住んでいる女性とやり取りをすることがほとんどだと思います。そこで自分がターゲットとしていない年齢や地域の女性がメッセージの履歴にいた場合は、キャッシュバッカーである可能性が高いということです。

ちなみに地域の例でひどいものだと、関東に住んでいると登録していた女性が、とある時、九州に変わっていたなんてこともあったりします。

キャッシュバッカー(CB)の見分け方

連絡先を交換してくれない

ポイント型の出会い系サイトでは5〜10通メッセージをしたタイミングで連絡先交換を打診することが良いとされています。それだけ話すことができれは、女性も少なからず好意をもってくれているからです。

ですが、キャッシュバッカーの場合は何通、何十通とメッセージをしても、連絡先を交換してはくれません

それもそのはずで、キャッシュバッカーはサイト内でメッセージのやり取りをしないと稼げないからです。

かなりの数のメッセージをしても連絡先を教えてくれない場合は、キャッシュバッカーの可能性を疑った方が良いです。そしてそれを避けるためにも連絡先の交換は5〜10通で打診するようにしましょう。

連絡先交換についてはこちらを参考にしてみて下さい。

》出会い系でLINEなどの連絡先を交換する方法とタイミング

どんな内容のメールでもすぐに返信してくる

キャッシュバッカーの目的は男性会員からのメッセージを受信することです。そのためそんな内容のメッセージであってもほぼ必ず返事をしてきます。

例えば男性が失礼なメッセージを送ったとしても、キャッシュバッカーは稼ぐために多少は目をつぶって返信しメッセージを続けようとしてきます

男性からしてみれば、どんなことを送ってもいい反応ですぐ返事をしてきれくれる女性は、かなり都合のいい女ですよね。そうやって男性に取り入ってきたりもするのです。

会う約束をしようとすると必ず断ってくる

キャッシュバッカーと会える可能性はほぼ0です。普通の女性ユーザーとは違い会うことが目的ではないため、実際に会う約束をしようとすると何かと理由をつけて断ってきます。

  • 「その日は空いてなくて。でも再来週なら会えるかもです!」

  • 「友達との約束があって。。」

  • 「手帳が手元になくて、また確認してからでも良いですか?」

こういった曖昧な感じで返事をしてくるため、数日してもう一度予定を尋ねてみても、同じような返事で会う日が全く決まらないのです。

また厄介なキャッシュバッカーの場合は、あえて会う約束だけさせておいて、当日になると急に連絡が取れなくなります。そして夜遅くに「仕事が伸びて連絡できなかった」などの内容のメッセージが届き、更にメッセージを伸ばそうとしてきます。

写真が急に別人になる

キャッシュバッカーはプロフィールが頻繁に変わる特徴があると紹介させてもらいましたが、それと似ていて、キャッシュバッカーはなんとプロフィール写真も変わります
やはり男性に飽きられてしまっては新しい男性からのメッセージが減ってくるので、プロフィールの内容だけでなく写真も変更するのです。

そんなことしたらさすがにメッセージをしている男性にバレてしまうのでは?と思うかもしれませんが、今まで話さなかった男性のほうが数も多いので、少しの犠牲は覚悟で新しい男性を見つけに行くのです。

メールをした人数がかなり多い

出会い系サイトによっては、どれくらいの人とメッセージをしたのか分かるようになっています。(例えばハッピーメールの上級会員特典)

その機能を使って見るのも1つの手です。普通の人では考えられない数のメッセージをしていたらキャッシュバッカーだと疑うべきです。

もちろん人によってメッセージの数は多い人もいるとは思いますが、90日間の間に500人もの男性とメッセージをしていたら流石に怪しいですよね。そういう場合はキャッシュバッカーだと判断して問題ないです。

さいごに

キャッシュバッカーは出会い系サイトには必ずいるもので、出会い系に男性よりも女性の方が少ないという性質を考えると仕方ないものなのです。運営会社も男性会員に課金してもらわなければ成り立ちませんしね。

かと言ってまんまとキャッシュバッカーに引っかかってしまっては、出会うことはできませんし、お金も無駄になってしまいます。しっかりと見分けて、彼女らの餌食にならないようにしなければなりません。

キャッシュバッカーの手口は意外と単純です。

  • 「ログイン周期が短い」

  • 「やり取りしている人が異常に多い」

  • 「返信が早く、文章が短い」

  • 「会う約束をしようとすると断ってくる」

この特徴さえ抑えていれば、簡単に見分けることができます。

見抜いて通報したとしても運営は対応してくれないということがほとんどなので、ブロック機能を利用するか、無視をするかでポイントをムダにしないようにしましょう!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください